top02_pc
HOME > 弁護士費用

顧問料

基本料金 月額55,000円(税込)
  • 事業規模や事業内容、顧問業務の内容によって異なります。
  • 顧問先のご相談につきましては優先的に対応させていただきます。
  • 顧問業務の基本料には、簡易な契約書のチェック、電話やメールでの法律相談が含まれ、毎月1時間程度の業務時間を想定しています。

講演料

1回あたり 110,000円(税込)~
  • 交通費や宿泊費等の実費は別となります。
  • 講演時間の目安は1時間~2時間です。
  • 講演内容や時間に応じてお見積り致しますので、お問合せください。

法律相談

初回 1時間まで 11,000円(税込)
継続 30分 11,000円(税込)
  • 案件として受任させていただいたときは無料となります。
  • 交通事故(被害者)につきましては、初回相談は無料です。

企業法務・一般民事事件

原則として着手金・報酬金方式とさせていただいていますが、事案に応じてタイムチャージ方式も提案致します。事前にお見積書も作成しますので、必要であれば遠慮なくおっしゃってください。

着手金・報酬金方式

着手金とは、事件に着手する段階で頂く弁護士費用のことであり、結果の如何にかかわらず発生するものです。他方、報酬金とは、事件が終了した段階で頂く弁護士費用のことで、成果に応じ頂く弁護士費用です。
原則として、事件の経済的利益に応じて、次の表に基づき算出された金額をもって着手金、報酬金を算出することとなりますが、事案の内容次第ではお話し合いにより増減させていただくことがございます。ただし、着手金は110,000円(税込)を最低限とします。

経済的利益の額 着手金(税込) 報酬金(税込)
金300万円以下の場合 8.8% 17.6%
金300万円を超え、金3000万円以下の場合 5.5%+99,000円 11%+198,000円
金3000万円を超え、金3億円以下の場合 3.3%+693,000円 6.6%+1,386,000円
金3億円を超える場合 2.2%+3,663,000円 2.2%+7,326,000円

※経済的利益とは、相手方に対して請求する金額や相手方から請求されている金額です。

タイムチャージ方式

タイムチャージ方式は、その事件・案件に要した時間に弁護士1人あたりの単価(33,000円(税込)/1時間を原則と致しますが、事案に応じ相談させて頂きます。)を乗じて算出した金額を弁護士報酬とします。

交通事故

交通事故の被害者側の案件につきましては、交通事故被害者の皆様に弁護士費用の心配なくご相談頂くために、初回相談料無料(1時間まで)、着手金0円(相手方からの賠償金受領後の完全成功報酬制。但、案件により着手金を頂く場合がございます。)としております。

※弁護士費用特約を利用される場合は当事務所の基準に従って弁護士費用が発生しますが、ご依頼者様にご負担が生じることは少ないです。詳しくはお問い合わせください。

成功報酬 220,000円(税込)
+賠償金の11%

破産・民事再生・任意整理

破産

法人及び
代表者
880,000円(税込)~
個人事業主 550,000円(税込)~
非事業者 330,000円(税込)~

※別途実費や裁判所への予納金がかかりますので、詳しくはお問合せください。
※事業規模や内容によって弁護士費用は異なります。

民事再生

法人 880,000円(税込)~
個人 550,000円(税込)~

※別途実費や裁判所への予納金がかかりますので、詳しくはお問合せください。
※事業規模や内容によって弁護士費用は異なります。

任意整理

裁判所等における手続ではなく、債権者との間で個別に示談交渉を行います。

着手金 債権者1社につき33,000円(税込)
ただし、最低着手金は110,000円(税込)となります。
報酬金 次の合計額(税込)
ア 負債を減額した場合には減額金額の16.5%
イ 過払金を回収した場合は回収額の22%
ただし、最低報酬金は110,000円(税込)となります。

離婚事件

着手金 330,000円(税込)~
報酬金 330,000円(税込)〜

ただし、慰謝料請求や財産分与請求などの金銭請求を伴う場合には、一般民事事件の報酬基準に準じます。

刑事事件

着手金 550,000円(税込)~
報酬金 550,000円(税込)〜